確定申告

確定申告期限の延長・・・・本当に延長して大丈夫???

コロナウィルスの影響で、世の中は混乱ぎみですね・・・

確定申告についても、異例の延長措置が発動され、今年の期限は

4月16日

となりました。

しかし、のんびりしていて良いのでしょうか?

この所得税の確定申告期限延長について、国税庁のホームページが出している「緊急のお知らせ」もチェックしてみましょう。

もともと延長できる人

「緊急のお知らせ」はあまり多くを述べていません。

イメージとしては、例年、無料相談会場に並んで申告をされる方に対して、
「医療費」や「ふるさと納税」などがあるので、給料や年金から引かれている所得税を還付してもらうようは方は、コロナウィルス問題が終息してから無料相談を開きますよ、と言っているような感じですね。

お知らせにも記載があるように、もともと還付申告は5年間という期間がありますので、特例でも何でもありません。

 

無料相談会場からコロナウィルスの感染者が出ると大変ですし・・・
一般的な還付申告の方※は、ウィルスの広がりが収まって安全になるまで待つことができます。

余談ですが、電子申告してほしそうでもありますね(笑)

 

ほとんどの申告・届出は延長されます

このブログは3/5時点で書いたものを訂正いたしました。

そのため、まだ詳細が発表されていなかったのですが、
その後、国税庁から詳細が発表されました。

結論は、個人確定申告に関するものは、ほぼ延長される旨の記載があります。

具体的には、下記の国税庁ホームページの記事をご確認ください。

   

申告・届出・優遇税制など、個人の申告に関するものは、ほとんど延長されています。

しかし、法人については言及されていないようです・・・

必要がある場合は、本来の「申告期限の延長の申請」が必要なのでしょうね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

税理士:よしだ(さじ妻)

九州北部税理士会所属。佐治税理士事務所の所属税理士で、代表の妻です。 税理士業界歴は20年、平成17年5月に吉田税理士事務所を独立開業、平成21年に夫の佐治税理士事務所と合併しました。 試験合格科目である所得税・法人税そして消費税を中心に、事業に関する税務や経営のアドバイスを得意としています。

-確定申告

Copyright© 福岡の税理士 さじの分かりやすい税金ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.