年末調整

年末調整書き方 給料の「収入」と「所得」の違いって何?

給与って受け身ですよね!
会社が計算してくれるし、昇給や手当などは興味があっても、どうやって、その給与に対して税金が計算されている?なんて・・・
あまり考えないかもしれません。

ただ、年末になると、自分の税金が計算されますから知っておいて損はありません。

給与の所得の計算方法

給与の収入はズバリ、基本給とか○○手当とか、そういう支給部分の総額を言います。
給与本体から引かれる、欠勤控除などは引きます。
また、非課税支給がある場合(通勤費等)は含みません。

だいたいの給与ソフトが「支給」という分類がありますので、その欄の合計(総支給金額)と言われる金額の年間合計額と思ってよいと思います。

では、所得は社会保険とか税金が引かれた手取り?

ってことでもありません。
給与は、その金額で経費が決まっている・・・

給与に対する経費(みたいなもの)は、「給与所得控除額」と言って、給与の収入に率を掛けて計算します。
給与がいくらの人は、給与の経費はいくら、みたいな感じです。

給与所得控除の計算式一覧

実際は階段式に決まっているので、年末に税務署から送ってくる「年末調整のしかた」という冊子にも載っている〇〇年分の年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表(やたら長い名前ですが)を見ると一目瞭然です。
ご自分の給与の収入合計を計算し、表を見ながら所得金額を探してみましょう!

ところで、この表の一番最初を見ると、給与の収入が1,619,000円未満までは控除額は65万円と書いてありますね。
それで、給与の収入が103万円の人は、所得が38万円になるんです。

 103万円 - 65万円 = 38万円

なので、「収入が103万円の人」が扶養に入れると覚えるのは危険です。

この給与所得控除があるのは、あくまでも給与をもらっている人だけだからです。
よって、株やネット通販なんかで儲けが103万円なんていう方は該当しません。

また、この「給与所得控除額」が来年2020年から、ガラっと変わりますので、来年の予算を立てる時に気を付けて下さいね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

税理士:よしだ(さじ妻)

九州北部税理士会所属。佐治税理士事務所の所属税理士で、代表の妻です。 税理士業界歴は20年、平成17年5月に吉田税理士事務所を独立開業、平成21年に夫の佐治税理士事務所と合併しました。 試験合格科目である所得税・法人税そして消費税を中心に、事業に関する税務や経営のアドバイスを得意としています。

-年末調整
-, , , ,

Copyright© 福岡の税理士 さじの分かりやすい税金ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.