佐治のおすすめソフト

事務の効率化 RPAを使ってみよう!

最近、みなさんも「RPA」という名前をよく耳にしたり、新聞や雑誌で目にしたりされていませんか?

中には、調べてみたけれど・・・
高額で難しそう!!と思われている方が多いかもしれません。

私も2つのRPAをお試ししてみましたが、全くプログラミングが分からないので、上手に使いこなせないまま4年くらいの月日が経ちました・・・

  

中小零細企業向けのソフトが出てきた

PRAは、道すじを全て自分でつくり、できたものをロボットと呼びます。

会計ソフトのように、会計のためにつくられた、いわば用途が決まったものではありません。
プログラミングが分からなくても、ある程度、自社用にカスタマイズしたロボットが作れるという、とても優れものです。

と、偉そうに言えないほど、動かないロボットを沢山作った私です。

  

出始めの頃は、ともかく価格が高かったので、中小企業では元を取らないなぁと思っていました。
展示会や研修なども、東京・大阪が中心で、福岡では行われていませんでした。

しかし、最近は安価なものが沢山でてきましたので、そろそろ使わない手はないかもしれません。
福岡でも、研修などが頻繁に行われているようです。

  

RPAとは何か?

まずは、ここから始めると・・・

 Robotic ロボティクス(ロボットで)

 Process  プロセス(作業工程を)

 Automation オートメーション(自動化する)

くらいのイメージで考えていただければよいのかと思います。

ロボットと言っても、ペッパー君のようなロボットが働くのではありません。
パソコンに入れるソフトです。

  

RPAで出来ること!

パソコンで行っている、手順が決まった「繰り返し作業」です。

AIと違って学習は全くしませんので、進化することはないと思って下さい。

何かの記事で、
「教えたことだけする気の利かない新人のようなもの」
というのを見て、笑ってしまいました!!

本当に、そんな感じです。

しかし、教えたこと(設定した過程)は、間違えなく、かつ、人よりスピーディに行います。
「単純作業ばかり!!」と文句を言うこともありません。

  

Uipathは優れていて研修プログラムもある

ともかく、RPAについて頑張って(と言っても途中挫折)学習したのがこのソフトです。

UiPathアカデミーという無料のトレーニングコースがあり、資格制度もあるようです。

多彩なカリキュラムが用意されていて、とても親切です。

閑散期に入ったらアカデミーで課題のロボットをつくってみました。
「変数」など、あまり理解できないものもあり、私には使いこなすのが難しかったというのが感想です。
(英語での説明が多かったです。少しずつ翻訳されてきていましたが・・・)

しかし、パソコンが得意で、かつプログラミングの知識などがある方へは、お勧めのソフトです。
また、機能が多彩なため中規模な会社(専属チームがつくれるなど)にも向いていそうです。

次の一歩がでなかった理由は、導入コストが分かり難いことが挙げられます。
気になる方は、「RPA TIMES」というサイトの記事が分かりやすかったので、ご紹介します。

【2019年版】UiPathとは~UiPathの価格や使い方などを徹底解説~

  

BizRoboとWinActor

今では、たくさんのRPAソフトがありますが、昔からよく目にしていて普及しているのが、この2つのRPAではないでしょうか?
日本語なので、上のUipathより学習するのが比較的楽そうです。

半日研修を受けてみたことがありますが、使い込んでいないので多くを語れないというのが本音で、中規模企業向けという印象があります。

価格については、手が出ない程の高さではありませんが、元を取るには、そこそこボリュームのある業務を自動化するか、たくさんのロボットを作成しなければならないでしょう。

  

佐治のおすすめ「EzRobo」

しばしRPAから遠ざかったいたある日、目にした葉書がキッカケで、本格的にライセンスを購入してロボットを作り始めました。

  

もう一度チャレンジしてみようと思ったキッカケは、「同業者が使っていたから」という単純なもの!
ハガキは会計人が集まるRPAの研究会からでした。

会計人が集まる研修で、数名の税理士・会計士の先生から「使った感想」などを聞き、以外と自分の経験と似ていたことに安心しました。
他のRPAは組むのに時間がかかり、かつエラーが出た時、その修復がよく分かりにくく、結局あまり稼働しない・・・みたいな・・・

ある程度、専門知識がある方向けなのでしょう。

すこし敗北感があった私ですが、勇気づけられました!

  

EzRobotに決めた3つの理由

親切なフォロー

作成は自力ですが、チャットやzoomなどで分からない事を相談することができます。

よく使われるロボットのサンプル集なども、ぞくぞくと送られてきます。

一人で頑張らなくても良い(フォローしてもらえる)」のが嬉しいですね。

  

操作が簡単(楽しい)

更に、判断の決め手2は、「使い方が簡単」だったこと。
上のRPAのように、作業過程を細かく組んでいき、それに変数というわれるものを設定したりする、という小難しい作業がなく、

「クリックする」とか、「エンターキーを押す」という作業工程をが最初から組み込まれた「作業フロー」を簡単に選べます。

  

低価格

そして、最終的な決定打!!は、「安かった」こと。

  

  

うちのEzRobot、「さじロボ」

製本用の表紙を、お客様の名入れをして大量に印刷したり、

電子申告を自動で行って、受付票を印刷したり、

クラウド会計の取込を自動で行ってくれたり・・・

  

今年の2月から「さじロボ」が、当所の一員となりました。

2月にRPA専用として、デルのパソコンを購入しました。

使いたい人が自分の机に持っていって、ロボットを作るなり、作業を行うなり・・・

さじロボ君がどんな成長をとげるか??「さじロボ日記」を始める予定です。
乞うご期待!!

   

  

中小企業で使うならコスパも大事

大企業なら、日々大量の注文があり、受注伝票入力や発注作業、そして請求処理といった作業も膨大です。
それを何人ものオペレーターが、同じ処理を毎日永遠としている状態でしょうから、この作業を自動化するだけで、かなり生産性が上がります。

しかし、中小・・・零細、個人事業者となったら、どうでしょう?

何を自動化し、どれだけ経費節減などが出来るのか?

ということも、RPAを導入する際には、よく考えたいですね!

  

佐治事務所では、お客様の事務効率化のため、EzRobotについてのご相談やデモンストレーションも行います。

気になる方は、お問い合わせください。

  

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

税理士:よしだ(さじ妻)

九州北部税理士会所属。佐治税理士事務所の所属税理士で、代表の妻です。 税理士業界歴は20年、平成17年5月に吉田税理士事務所を独立開業、平成21年に夫の佐治税理士事務所と合併しました。 試験合格科目である所得税・法人税そして消費税を中心に、事業に関する税務や経営のアドバイスを得意としています。

-佐治のおすすめソフト
-, , ,

Copyright© 福岡の税理士 さじの分かりやすい税金ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.