エッセイ

さじのエッセイ 2020年4月

花見に行けないので、どのくらい桜が咲いているのか分からないのですが・・・

でも、テレビを見ると、満開の桜が、いつもの春と変わらず美しく咲いていますね。

  

2020年4月17日 納税猶予

確定申告の延長期限も昨日で終わり・・・
あとは、納税の準備をするのみ???

3月決算の会社も多いので、休業等されている会社の方は、消費税など高額な税金を支払うのは、本当に大変です!!

そこで、コロナウィルス感染症対策の一環として、納税猶予されると報道がされていましたので、税務署に確認してみました。

現在ある納税猶予の規定は、猶予期間は1年、
売上などが半減以上・・・「激減!!」している方のみ認められるような規定です。

残念ながら・・・まだ政府の指針が出ていないようでした・・・
噂では20%程度減少している場合でも可能そうというお話でしたが、本当のところは何も分からずという感じ。

  

恐らく、正式な発表は4月末から5月に入ってからになりそう・・・ということです。

納税期限が近づくと気が焦りそうですが、もう少し待ってから猶予した方がよさそうです。
(何の解決にもならないブログで、すみません!!)

  

2020年4月12日 New!! 雇用調整助成金の申請方法

内容の更新をしました。
詳しい内容は、以下の記事を参照ください。

  

2020年4月11日 雇用調整助成金の申請書類の簡素化

先週末、頑張って調べて書いた「雇用調整助成金」ですが、昨日、大幅な改正(特別措置)がでました。

テレビ報道などで、コロナショックの影響を受けている事業者さんや従業員さんへ、一刻も早い救済が叫ばれています。

まずは、第一に「お給料」の補填について。

昨日の金曜日に簡素化が発表されました。
その内容は左の厚生労働省のレジュメの通りです。

しかし、簡素化されたと言っても助成金は書類の不備などで、申請に手間と時間がかかると聞いています。

計画が立てば早目に申請をするに越したことはなさそうです。

金曜日は何度も助成金センターへ電話しましたが、ず~っと電話中。
月曜日も掛け続けてみようと思います。

申請の要領が分かれば、
お客様が記載し、そのまま郵送して申請できますね。
労働局の方も手間がはぶけますし、申請者の方もウィルス感染リスクを抑えることができます。

中小企業は9割助成とされていますが、手数料がかかるところに依頼すると、結局、従業員さんへ支払う給与が少なくなってしまいますので、何とか自力で申請いただけるよう、フォローを考えています。

  
生活が保障される給与が出ると分かれば、みなさん安心して自粛ができますし、
YouTubeを見ながらエクササイズでもしようという気になりますね!

しかし、生活の不安があると・・・ゆっくり自宅で映画を楽しむ!!なんて気分にはなりませんものね・・・

ただし、このコロナショックがいつまで続くのか分からないので、政府が方針を出せないのも分かります。

最初に申請した人は保障されたけれど、危機が長く続き、途中からは保障ができなくなった・・・
ということになると大変ですから・・・

わが街福岡も「緊急事態宣言」が出されていますが、方針が出らず・・・少し心配です・・・

しかし、福岡も千葉も天災にあっていますから、財源が苦しいのだろうなぁ・・・とも感じます。

あまり出来ることが多くありませんが、
税理士は商売をされている方の事情が分かりますので、

より多くの事業者の方、そして、その従業員さんも安心できるよう、できることはフォローし続けたいと思います!!

  

ともかく今は、
お客様の手元資金がなくならないよう、無利息(となる予定)の借入申請のお手伝いをして急場をしのいで頂いています。

しかし、なるべく節約して使わないよう努力いただき、
コロナ感染が落ち着いて政府から保障が出れば、余った分を返済しようと話し合っています。

コロナ借入に携わる金融関係の方は、今、ほぼ休日返上、不眠不休に近い状態で借入申請の処理をされていて、頭が下がります。

ともかく、早くコロナが終息してくれることを祈って、しっかり働きながら自粛しております!!

  

2020年4月8日 本日よりテレワーク(在宅勤務)

慌ただしい毎日ですね。

みなさま、お元気でお過ごしでしょうか・・・

福岡も、とうとう緊急事態宣言が出され、自粛の要請がありました。

当所(佐治事務所)も本日よりテレワークを始めます。

 
公共交通機関を利用するスタッフは完全在宅勤務、徒歩・自転車での通勤をするスタッフは、今のところ交代で出社してくれます。

「トビラフォン」という、クラウド版の内線システムに申込み、開通すれば完全テレワークも考えようと思っております。
結構、便利そうです!!

 

すでに、ご主人が自粛に入っていたり、お子さんの学校が休校だったりするので、自宅で仕事をするのはハードかもしれませんが(笑)

しかし、今は、スタッフ自身や家族の健康はもとより、
お客様へウイルスを運ぶ役目をしてはいけませんので、極力対面での会話を少なくしたいと思います。

それとは、裏腹ですが、所長と私はお客様からキャンセルがなければ、月次訪問は予定通りお伺い致します。

今のところ風邪の症状はなく、味もにおいも分かるので・・・

4月に入って、コロナ関係でのご相談が激増していますので、体調不良がなければお会いしてお話を伺う予定です。
でも、夜の街には繰り出さず、公共交通機関は使いません!!
どうぞ、ご心配なく★
しかし、自分が「自覚症状のない感染者」でないか、内心冷や冷やしてます(汗)

本当は、一気に全員で自粛して、そして一気にウィルス撃退!!したい気がします。
長く続くと、かなり痛手を受ける方が増えると思いますので、心配ですね・・・

   

2020年4月5日 雇用調整助成金も特例が出た!!

コロナウィルス感染に対する救済措置について、毎日問合せが多いので、この休日はネット漬けで調べています。

以前からあった助成金制度について、特例措置が出ていました。
社会保険労務士の分野になるので、もう聞かれている方が多いかもしれません。

詳しい内容については、ブログ記事を参照お願いします。

  

すこぶる売上高が下がってしまっている業種もあるようです。

でも休業すると、少ない売上さえなくなってしまう・・・
休業しても経費は0円にはならない・・・

政府はいろいろと対策案を練り、一人当たり30万円の給付をするという話なのですが・・・

  

良い悪いは分かりません。
でも、いきなり国民に給付するのは良いことなのかなぁ・・・と疑問を感じえません・・・
自論ですが、通常のお金の流れを通した方が自然かも???(企業へ給付⇒給与⇒従業員)

それを考えると、この雇用調整助成金は救済策になると思います。

  

企業は、売上が少ないと見込まれる日は、思い切って休日とするか、
または、お客さんが少ないので、現場を交代で休むなど・・・
計画を立て、この助成金を活用できれば、少しは資金繰りが助かりますね!

感染リスクを考えると、休んだりテレワークにした方が良いのかも。
命がかかってますし!!!

  

企業側が、休業しても支払いに困る3大支出は、一般的に

給料・家賃・借金返済

ではないかと思います。

  

給料は、この助成金で手当するとして、
あとは、家賃と借金返済について、コロナが流行っている間を手当できれば会社の命が助かる確率は上がると・・・税理士の観点で勝手に思ってしまいます。

  

2020年4月4日 コロナ対策の借入金申込

毎日、コロナ・コロナ・コロナ・・・・・ですね。

桜は美しく咲いているのに・・・

お客様である料亭の庭に咲いていた桜・・・(撮影:Kov)
  

4月に入って感染者数が更に増え、自粛要請によりお店を閉める会社も増えてきました。

出口が見えないこの疫病との闘い・・・
経営者の方から、コロナ対策の支援制度について毎日のようにご相談を受けます。

そこで、今現在施行されている制度(福岡県)を、知っている限りをご説明いたします。
他県の方は、助成金等を調べるサイトを参考にしてくださいね!

  

日本政策金融公庫

【対象者】

  1. 最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して5%以上減少している方
  2. 業歴3ヵ月以上1年1ヵ月未満の場合は、最近1ヵ月の売上高が次のいずれかと比較して5%以上減少している方
    (1)過去3ヵ月(最近1ヵ月を含みます。)の平均売上高
    (2)令和元年12月の売上高
    (3)令和元年10月から12月の平均売上高

【内容】

無金利・無担保が適用されるのは3年間です。
現在は見切り発車の状態なので、0.9%くらいの利息があるまま貸し出されていますが、法律がきちんと決まり次第、支払った利息は払い戻される予定ということです。

  

セーフティーネット

売上高等の減少について、市区町村長の認定が必要です。
具体的には、最寄りの商工会議所で窓口が設けられています。
制度の詳細は、経済産業省の「新型コロナウイルス感染症に係る中小企業者対策」をご確認ください。

セーフティネット保証4号

【対象中小企業者】

  1. 指定地域において1年間以上継続して事業を行っていること。
  2. 災害の発生に起因して、当該災害の影響を受けた後、原則として最近1か月の売上高等が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること。

【内容】

対象資金:経営安定資金
保証割合:100%保証
保証限度額:一般保証とは別枠で2億8,000万円 →セーフティネット保証5号とは併用可だが、同じ枠になる

  

セーフティネット保証5号

新型コロナウイルス感染症により特に重大な影響が生じている宿泊業や飲食業など40業種を緊急的に追加指定します。
※売上高等が減少している中小企業・小規模事業者の資金繰り支援措置として、信用保証協会が一般保証とは別枠で融資額の80%を保証する制度です。

  

借入は一時しのぎにしかなりませんので、コロナがおさまった後の復活対策を考えながら、慎重に行いましょう。

  

助成金などを調べるサイト(MFクラウド)

クラウドソフトで有名なMFクラウドさんが、助成金を調べる便利なサイトを準備されています。

助成金は地域別に出されているものも多く、かつ予算が終わると締め切られたり、安定していないので頻繁にチェックする必要があります。

一度、サイトをチェックしてみて下さいね!!

新型コロナウィルス支援情報まとめ

  

2020年4月1日 いつも元気な社長

毎日、コロナの影響で業績に不安があるという電話が掛かってきます。

幸い、倒産しそうなほど打撃を受けているお客様はいらっしゃいませんが、それでも皆さん、日々不安な毎日が続き、いろいろな情報を集めたいということで連絡をいただきます。

このようなご時世、

恐ろしく元気な社長もいらっしゃいます。
逆需要でもうかっているから、という訳でもありません。

販売業の社長をされているのですが、本当は技術者。
もう70歳近くなるのに、「経済的な電気自動車を創りたい!」と夢を語る方です。

退職金用に貯めた保険がピークに近くなるので、「退職します~??」と冗談ながら話すと、

使えるお金があるのなら、自分の夢の車を創ってみたいなぁ~!!
リチウム電池より安く、環境も考えたもので、バスなどに使えて・・・
電話じゃ気持ちが伝わらないから、日曜日にでも遊びに行くよ!
所長もいるの!!物理分かる?物理ぃ!!(たぶん私は分からない:よしだ)

といった感じ。

たくさん修羅場をくぐり抜けて来た方なので、なんだか強い!!

元気をもらえます💛

  

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

税理士:よしだ(さじ妻)

九州北部税理士会所属。佐治税理士事務所の所属税理士で、代表の妻です。 税理士業界歴は20年、平成17年5月に吉田税理士事務所を独立開業、平成21年に夫の佐治税理士事務所と合併しました。 試験合格科目である所得税・法人税そして消費税を中心に、事業に関する税務や経営のアドバイスを得意としています。

-エッセイ
-,

Copyright© 福岡の税理士 さじの分かりやすい税金ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.